エクササイズから食事まで、ダイエットお役立ち情報

ダイエットお役立ち情報Useful

 ストレスと食欲の関係
食欲は空腹の時にだけ起こるものではありません。空腹でなくてもストレスがあると無性に何か食べたくなったり甘.いものに手が伸びるということはありませんか。

それは、ストレスにより食欲をコントロールする大脳が、空腹のサインを正しく受け取れなくなるため、満腹にも関わらず食べてしまったりするのです。(また、ストレスは交感神経の働きを鈍らせるので、胃液などの分泌がスムーズにいかなくなり、逆に食欲不振を引き起こすこともあります。)

そして、私たちの脳内にはセロトニンという物質が存在します。これがイライラを鎮める働きを持ちます。そして、特に糖類を摂るとこのセロトニンが間接的に上昇します。その為、甘いものを摂ることで脳内にセロトニンが増え、気分が落ち着くということを身体が覚えているのです。しかも甘いものには即効性があります。疲れた時やイライラしている時に甘いものが欲しくなるのはこのためなのです。


某雑誌の調べで、ストレスで食べ過ぎてしまったことがあるか、という質問に85%の人が「ある」もしくは「たまにある」と回答をしています。
ストレスと食欲は関係が無いようで実は切っても切れない関係なのです
●ストレスから抜け出すアドバイス●

1:ストレスを見方につけましょう
ストレスというとマイナスのイメージがしますが、ストレスは人間にとって麦踏のようなもの。それを乗り越えることで人間的にも強くなり成長していきます。どんな生活をしていても多かれ少なかれストレスはついてまわるものです。自分なりの解消法を見つけて薬にしてしまいましょう。

2:人の力を借りましょう
誰かに聞いてもらうのが実はストレス発散にとても有効。できれば自分と利害関係のない人がベスト。話を聞いてもらう代わりに相手の悩みも聞くことで、自分だけが悩みを抱えているのではないことも実感できストレスに対する免疫もできます。ただ、あまりにもストレスが強すぎて体に悪影響を及ぼす場合はカウンセラーなどの手を借りましょう。

3:ストレスから逃げ出そう
.あまり趣味を持っておらずどのようにストレスを発散したらよいかわからない方におすすめなのが逃げること。それは旅行に出かけてみましょう。できれば海外がよりおすすめ。物理的にストレスから離れることで自分の置かれている立場を客観的に見ることができます。きっちりと計画を立てた旅ではなく行き当たりばったりのゆっくりした旅がおすすめです。

ストレスを上手に解消し健康的な生活を送りましょう。
ページトップへ