エクササイズから食事まで、ダイエットお役立ち情報

ダイエットお役立ち情報Useful

 血糖値を急激に上昇させない食事の組み合わせ

甘いものは血糖値が上がるから・・・。ご飯もほどほどに・・・。などと血糖値を気にされている方は多いですよね。
そして、「低インシュリンダイエット法」という血糖値の上昇を抑えるダイエット方法も流行しました。
「低インシュリンダイエット法」とはもともとは糖尿病の食事療法の1つで、急激な血糖値の上昇を抑える(血糖値の上がりにくい、いわゆるGI値の低い食品を選んで食べる)ことで、インシュリンの分泌量を少なくて済むようにするというものです。それにより、糖が脂肪細胞へ運ばれる量も抑えるので、ダイエットにも、当然血糖値の高めな人にもいいとされ利用された方法です。
しかしこの方法の厄介なところは、GI値の低い食品って一体どれ?と、どの食品を食べたらよいかわからない、というところです。

実は血糖値の上がり方は食品の食べ合わせによっても変わるものなのです。一番多く知られているのは食物繊維。例えば、特定保健用食品の中に「血糖値の上昇を緩やかにします」といった商品が多くあります。
これは ‘難消化性デキストリン’という食物繊維が有効成分であることが多々あります。
このように一緒に食べる食品によって、血糖値の急激な上昇が抑えられ、GI値の低い食品を摂った時と同じような状態になるわけです。
今回はその食べ合わせを紹介します。

1:食物繊維
前述したとおりです。特定保健用食品の「急激な血糖値の上昇を抑えます」という商品に広く使われています。
その他、玄米、寒天、海藻サラダなどもおすすめです。


2:酢
食事の時に一緒に酢の物を摂りましょう
酢の和え物、南蛮漬け、すし飯などがあります。これらを一緒に摂ることによってGI値を低くすることができます。
特にワカメの酢の物がおすすめです。
3:柑橘類
酸味が急激な上昇を抑えます。
料理にレモンやかぼす、ライムなどを絞って使いましょう。
4:乳製品
牛乳、ヨーグルトは食前、食中、食後に摂取してもGI値を下げることができます。
また、チーズを合わせることでもGI値を低くすることができます。

5:大豆製品
特に納豆がおすすめです。
また、お餅などはきなこ餅やお汁粉にするとよいでしょう。



血糖値を気にされている方は是非利用していただきたいと思いますが、ダイエットを志している方もこの方法を上手に利用して太りにくい食べ方をしましょう。
ただし、GI値が低いからといってもエネルギー値が少なくなるわけではないので、安心して食べ過ぎないようにくれぐれも注意しましょう。

ページトップへ